『SDGsについて考える会』報告

8/21(土) 

今回はSDGsについて知識をインプットするだけでなく、深く考え、アウトプットすることで仲間達と意見交換をするイベント、『SDGSについて考える会』を開催しました。


司会は第1回から第3回まで登壇し、今回から運営メンバーになったシャーロックさん。

シンガポールという遠隔地から初めての司会進行にチャレンジしました!


そんなシャーロックさんの進行のもと、イベントが進んでいきました。


2つのブレイクアウトルームに分かれてディスカッションを行いました。

最初に行ったのが「アイスブレイク」

自分の出身地のご当地自慢を”方言”で行うというユニークな交流を行いましたが、

これが思った以上の大反響!

楽しそうな学生の表情がこのイベントの随所に見ることができました!




アイスブレイクでの交流が終わった後、3つのタイトルについてディスカッションを行いました。


・オリンピックでの他国の選手への誹謗中傷

・パラリンピックをもっと注目される大会にするには

・アフターコロナへの向き合い方


どれも私たちの身近にある問題であり、向き合うべき問題ですよね!

参加者たちもこの問題に真っ向から向き合い、たくさんの意見を出していました!


その際光っていたのが、運営メンバーのファシリテーターとしての動きのよさです。

「誰も取り残さない」という気持ちが常に見られ、目配り・気配りの利いた回しには驚くばかりです!


ここまで成長できたことは、毎週のミーティングに参加し、運営メンバーとしての最大限の努力を続けてきた賜物でしょう!確実に成長を遂げています!


最後は全員で記念撮影。

運営学生含め合計15名で開催した「SDGsについて考える会」





企画から実際に開催するまで、学生メンバーが頑張った成果が存分に楽しめるイベントとなりました!